禁煙の世界バナー

【慢性気管支炎】

タバコの煙は気道を通りますので、呼吸器系に大きな影響を与えます。 タバコを吸っている人で、慢性的に咳や痰が出たり、階段を上るだけで息が切れる症状が続くようなら、タバコ病ともいわれる慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)が疑われます。慢性気管支炎や肺気腫は、COPDの1種です。

気管の内面は粘膜で覆われており、その上を6ミクロンという微細な線毛が覆っています。気管に入り込んだゴミや細菌は粘膜にくっつき、その粘液を線毛が喉に向かって押し上げます。そうすると喉の神経が刺激され、痰となって吐き出されるのです。

タバコの煙に含まれるニコチンやシアン化水素、ホルムアルデヒドなどは、線毛に取り付いてその運動を阻害してしまいます。そのため線毛は次第に短く、数も少なくなっていきます。ヘビースモーカーの気管粘膜上の線毛は、こういう状態だそうです。

線毛の弱い気管では、粘液が押し出されず停滞しがちになります。その刺激によって、せきや痰が多くなるのです。このような気管粘膜はやがて炎症を起こし、慢性気管支炎や肺炎へと繋がっていきます。


よもぎタバコ健香草


よもぎタバコ健香草

購入ページへ
注意点

【ご注文時の注意事項】
・よもぎタバコ(健香草)のお申込みは「個人輸入」での購入方法となります。
・ご注文時にお聞きする個人情報は商品の発送のためだけに使用致します。
・決済方法は「代金引換」のみとなりますので、ご注文後のキャンセルができません。
・よもぎタバコ健香草の発送はご注文からお届けまでに2週間前後かかる場合もございます。
・離島に関しては別途500円の配送料金が必要となります。
・ご注文から30日間は再注文ができません。
・3カートンのみ販売しております。

このページの先頭へ