禁煙の世界バナー

【子供に与える影響】

SIDSは赤ちゃんの突然死のことです。乳幼児突然死症候群(Sudden Infant Death Syndrome)といい、それまで元気だった赤ちゃんが突然死亡してしまうのです。生後2ヶ月から6ヶ月の赤ちゃんに多く、日本では4000人に1人の割合で起こるといわれています。

原因は特定できていませんが、危険因子の1つとして両親の喫煙が挙げられています。乳幼児のSIDSになる率は、両親ともに喫煙習慣がある場合は、喫煙しない場合の4.7倍だそうです。

SIDSのリスクが高くなるのは、母親が妊娠中にタバコを吸っている場合です。しかし妊娠中に喫煙を止めていても、出産後に母親や父親がタバコを吸い始めると、SIDSが起こる確率は高くなります。

年間3万件あるといわれる乳幼児の中毒事故。このうち5000件以上がタバコが原因だということをご存知でしょうか。放置されたタバコや吸殻を小さな子供が食べてしまうのです。この比率は米国の30倍で、日本人のタバコの毒性に対する意識の低さを物語っているといえるでしょう。


よもぎタバコ健香草


よもぎタバコ健香草

購入ページへ
注意点

【ご注文時の注意事項】
・よもぎタバコ(健香草)のお申込みは「個人輸入」での購入方法となります。
・ご注文時にお聞きする個人情報は商品の発送のためだけに使用致します。
・決済方法は「代金引換」のみとなりますので、ご注文後のキャンセルができません。
・よもぎタバコ健香草の発送はご注文からお届けまでに2週間前後かかる場合もございます。
・離島に関しては別途500円の配送料金が必要となります。
・ご注文から30日間は再注文ができません。
・3カートンのみ販売しております。

このページの先頭へ